キスの予定がある日のグロスはジューシーな味付きを使うべし

彼氏とのデートの際は、キスする前提の唇メイクで備えておくことが必要です。マンネリ化を防ぐ、もっとときめいて貰うこともできるでしょう。ただ、彼氏の好みの香りや味をリサーチしておくことが大切です。
MENU

普段と変えて盛り上がる

キス,グロス,味

 

カップルであっても、もっと彼の心を掴みたいと思うのは当然です。

 

付き合いはじめなら、もっと好きになってもらいたい、長く付き合っているなら、マンネリ化を防ぎたいなど思いは様々です。

 

それが簡単にグロスを使うことで出来る可能性があります。どんなものを選べばいいかと言うと、味付きのものです。

 

キスした時においしかったり、好きなフレーバーであれば「またしたい」と思うのは必然です。

 

最近では、スイート系からジューシー系まで様々あります。

 

また、そこにプラスして美容成分の入ったものもあるので、根本から魅力的な唇も目指せます。

彼氏の好みをリサーチしておく

キス,グロス,味

 

オススメのフレーバーは、ジューシー系です。

 

「初恋はレモンの味」とよく言いますが、恋の甘酸っぱさを演出できるのと、スイート系よりは好き嫌いがないということが理由にあります。

 

ただ、やはり一番は彼氏の好みのフレーバーの方が彼が喜ぶので、どんなものが好みかはリサーチしておくようにしましょう。

 

ココナッツやチョコレートは、以外と好き嫌いが分かれるので注意が必要です。

 

なるべく失敗のないように、無難なのはやはりジューシー系のものなので、悩んだらこちらを採用すると良いです。

 

これだけで、彼氏との仲が更に深まるなら試す価値ありです。

関連ページ

男性ウケ◎ずばり!キスしたくなるグロスの色は?
様々なメディアで調査された男ウケの良いグロスの色は「ピンク」でした。しかも、キュートとか可愛いと言う理由が多かったのです。やはり、男性は可愛らしく清楚系を好むようです。
キスしたくなる唇は、グロスだけではだめ
キスしたくなる唇を手に入れるには、グロスは補足的に考えています。なぜなら、男性はナチュラルメイクの方が男性ウケは断然良いので、男性の心を掴む唇を根本からゲットしておくべきなのです。
キスしたくなる唇の3要素【形・色・ぽってり感】
形や色、感触などの演出によってキスしたくなる唇になることができますが、残念な唇というのもあります。キスしたくなるような唇にするにはメイクだけではなく、セルフケアでも大切です。
キスしたくなる唇の基本は、かさかさではダメ
男性が思うキスしたい唇とは、様々なメディアが言うように「ぷっくり」「柔らかそう」などかさかさとは程遠いイメージです。グロスは見せかけ、根本から魅力的な唇を手に入れることが必要です。
このページの先頭へ