キスしたくなる唇は、グロスだけではだめ

キスしたくなる唇を手に入れるには、グロスは補足的に考えています。なぜなら、男性はナチュラルメイクの方が男性ウケは断然良いので、男性の心を掴む唇を根本からゲットしておくべきなのです。
MENU

根本からのケアはとても大事

キス,グロス,ベタつき

 

例えばグロスを塗ったとしても、その色づきやノリは根本の唇が荒れていては効果は発揮しません。

 

美容液やリップでしっかりとしたケアを常に行うことが必須です。

 

それに気づいた私は、「キスしたくなる」というキャッチフレーズの美容液を夜にたっぷり塗って、日中もそのキャッチフレーズがあるリップを常に塗っています。

 

その甲斐あってか、周りの男性に「柔らかそう」とか「美味しそう」と言われるようになりました。

 

美味しそうとは、イコール食べたいと言う意味で、口に運びたいとは、イコールキスと解釈しています。

美容液入りの艶出しりっぷが効果的

キス,グロス,ベタつき

 

私はベタつきが苦手なので、グロスはパーティーなどのここぞという時にしか使用しません。

 

やはり、根本から魅力的な唇になりたいので、リップも美容液入りを選んでいます。さらに、「うるうる」とか「ツヤツヤ」などうたっているものを選びます。

 

こちらはリップなので、ツヤツヤになるけど、それほどベタつきは無く、美容液入りなので塗り直すたびに唇が喜んでいる感じがします。

 

口紅などの化粧品と違って、抵抗なく塗り直しができるのでオススメです。

 

最近では、コラーゲン入りを選ぶようにしたら、ぷっくりしてきて美味しそうと言われる頻度も増しました。

関連ページ

キスの予定がある日のグロスはジューシーな味付きを使うべし
彼氏とのデートの際は、キスする前提の唇メイクで備えておくことが必要です。マンネリ化を防ぐ、もっとときめいて貰うこともできるでしょう。ただ、彼氏の好みの香りや味をリサーチしておくことが大切です。
男性ウケ◎ずばり!キスしたくなるグロスの色は?
様々なメディアで調査された男ウケの良いグロスの色は「ピンク」でした。しかも、キュートとか可愛いと言う理由が多かったのです。やはり、男性は可愛らしく清楚系を好むようです。
キスしたくなる唇の3要素【形・色・ぽってり感】
形や色、感触などの演出によってキスしたくなる唇になることができますが、残念な唇というのもあります。キスしたくなるような唇にするにはメイクだけではなく、セルフケアでも大切です。
キスしたくなる唇の基本は、かさかさではダメ
男性が思うキスしたい唇とは、様々なメディアが言うように「ぷっくり」「柔らかそう」などかさかさとは程遠いイメージです。グロスは見せかけ、根本から魅力的な唇を手に入れることが必要です。
このページの先頭へ